即日融資で今すぐ現金を借りたい人におすすめのカードローン

あなたは急に来週までにお金が必要になった時どうしますか?社会人になると、何かと急な出費が多くて、急にお金が払えない!なんてことになることありますよね。友達に借りるのもなんだか嫌ですし、親や兄弟に連絡して貸してもらうのも気が引けてしまいます。そんな時に非常に便利なのが即日融資なんです。

即日融資とは?今すぐ現金が手に入る?

そもそも即日融資について知らない人に向けて即日融資について説明すると、即日融資とはその名の通り「その日の内にお金を融資してもらえること」を指しています。即日融資は初めて契約するという人でも申し込みをしたその日に融資を受けることができるので、「今すぐ現金を借りたい!」という人にはもってこいの融資方法と言うことができます。

今すぐ現金を借りたい人は銀行カードローンと消費者金融どっちが利用しやすい?その2つの違い

では、まずは二つの違いを比較してみましょう。

一般的に銀行のカードローンと消費者金融はどちらが安全なイメージでしょうか。
(銀行カードローンといえば三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックや三井住友カードローンなど。消費者金融は、アコム・プロミス・アイフルなどのことを指します。)

世間一般のイメージだと、おそらく銀行のカードローンの方が安全なイメージを持っていると思います。しかし、結論から言いますと、2018年1月以降、銀行カードローンの即日融資が安全性の面を考慮して停止になったため、即日融資を希望する場合は、消費者金融のカードローンのみとなっています。

なので、今すぐ現金を借りたい!という人の中でも、「今日中に!」という人は消費者金融カードローンがおすすめ。「3日くらいはまだ待てる!」という人は銀行カードローンも視野に入れることができます。

以下に具体的な消費者金融と銀行カードローンの違いを表にしてみました。

項目 銀行カードローン   消費者金融
総量規制 なし あり
金利(目安)  〜14.5%  〜18.0%
無利息期間 なし あり
 即日キャッシング  不可  平日14時まで申し込み可能
審査  厳しい 比較的甘い
在籍確認 あり   あり(書類でも可の場合あり)
保証人  なし  なし

 

一番大きい違いは、総量規制があるか・ないか。

やはり一番大きな違いは総量規制があるかないかの違いです。総量規制とは2010年から施行された法律で、年収の1/3の金額までしか借り入れが出来ないことを指している法律のことです。

これが施行される以前はもっと借りることができたのですが、この法律が出来てからはお金を借りられる額が少なくなりました。それに加えて、総量規制は消費者金融のみが対象となっていて、銀行カードローンは対象外となっています。

※借入に適用される総量規制はすべてが対象となるわけではありません。例を挙げると、「おまとめローン」を活用するような場合は、総量規制の範囲に入らないので、年収の1/3を超過するキャッシングをすることが可能です。

結果▶多額を借りたいなら銀行カードローンがおすすめ

金利が低いのは?

金利が低いのも実は銀行のカードローンです。上限金利を比較するとわかると思いますが、消費者金融だと大体18.0%程度なのですが、銀行カードローンの場合は14.5%ほどで借り入れることができるケースがほとんどです。

しかし、2017年4月に銀行の過剰融資に対する自主規制によって、銀行カードローンの審査の難易度はだんだん上がってきてしまっています。

結果▶審査は厳しくても金利が安い方が嬉しい!そんな方は銀行カードローンがおすすめ

即日融資の審査スピード

続いて即日審査のスピードや審査の厳しさについてご紹介していきます。
まず、即日審査のスピードに関してですが、スピードは比較にならないほど、消費者金融の方が早いです。これは、銀行のカードローン審査の厳格化の影響で警察庁へのデータ照会を行う工程が増えたことで、銀行は即日融資をすることはほぼ不可能になりました。そのため、即日融資を銀行で行うことは実質できないのです。

一方、消費者金融の場合はそういった審査にかかる工数が非常に少ないため、スピード感は圧倒的にあります。平日の14時までに申請・審査を終えることができれば、即日お金を振り込んでもらうことも可能です。また、無人契約機を使えば、無人契約機の営業時間である22時までであれば、カードを発行してもらい、申請すれば即日で現金を借りることもできます。

また、消費者金融にてお金を借りるという場合でも、借入金額次第では収入証明書はいりません。全国展開している消費者金融なら、原則50万円に届かない程度の融資額でしたら、要求されることはありません。

結果▶どうしてもお金が必要という場合には、消費者金融を選んだ方が即日キャッシングが可能なので、今すぐ現金が欲しいのであれば消費者金融を選択するべきです。

即日融資の審査の厳しさは?

審査において一つ注意してもらいたいのが、同時に複数社に借り入れの申請を出してしまうと、融資する側としては、「この人はお金に困っているのではないか」と疑われてしまい、審査に落ちるケースが増えてしまうので、短期間でいくつもの業者に申し込むのはなるべく避けた方が良いでしょう。

在籍確認の方法の違い

在籍確認とは、審査の際に借り入れ者の勤務先に借り入れ者が在籍しているかどうか確認をとることで、申請時に借り入れをする人が虚偽の勤務先を告げていないか確認するために行われています。この在籍確認の方法が実は銀行のカードローンの場合と、消費者金融の場合で若干違うのです。

基本的に在籍確認は、申し込みをした後にすぐに勤務先に電話が掛かってくることがほとんどで、確認する側は会社の名前ではなく、個人の名前でかけてくれます。この在籍確認で消費者金融からお金を借りていることがバレることはほとんど無いのですが、万が一ということもあるので、電話での在籍確認を嫌がる人も多いです。

銀行のカードローンの場合、この電話での在籍確認は避けては通れないのですが、消費者金融だとそんなことはありません。大手の消費者金融でも申請時に職場に電話して在籍確認することを断ると、書類での在籍確認に変更してくれることがほとんどです。中でも、SMBCのモビットは「WEB完結」の申し込みの形をとれば、在籍確認も全てWEBで行ってくれるので、電話での確認はもちろん、郵便物なども届かないので、誰にもバレずにお金を借りることが可能です。

ただ、50万円以上の借り入れをする場合は、必ず収入証明書の提示を求められるので、気をつけましょう。

即日融資の流れ(今すぐ現金がほしいとき)

即日融資の場合は、無人契約機に自ら行くか、インターネットで申し込むかの方法がありますが、スマホ・PCからインターネットで申し込んだ方がとても便利なので、即日融資はインターネットから申し込む方をオススメします。以下がWEB申請から、契約までの流れです。

① WEBでフォーマットに沿って申し込む
② 審査開始
③ 信用情報機関に照合
④ 勤務先へ在籍確認の電話がかかる
⑤ オンライン契約
⑥ 即日振込
⑦ カード発行(カードレスのところもあるので注意)

審査はどこもだいたい「最短30分」と言っていますが、あくまで最短での時間なので、実際はもう少し時間がかかることを覚えておきましょう。『即日融資』と謳いあげていても、利用するローン会社によって、即日に融資を実行できる時間帯が異なっているので、前もってその時間帯を確かめてから動くようにしなければなりません。

またWEBで申請する場合はカード発行なしで、振込などの操作も全てアプリで使うケースが増えているので、これもWEB申請が便利な理由の1つです。

まとめ:今すぐ現金を借りたい場合は消費者金融の即日融資を試してみましょう!

いかがだったでしょうか。今回は、今すぐ現金を借りたい!という人に向けて消費者金融と銀行のカードローンでの即日融資について比較してきました。本記事を読んでわかる通り、今銀行でキャッシングをするのは中々難しいのが現状です。なぜこんなに厳しくなったのかというと、暴力団などの反社会的勢力に悪い使いかたをされるケースが後を立たなかったためなのです。今すぐ現金を借りなければいけなくなった方はぜひ本記事を参考に正しくお金を借りてくださいね。

どこのカードローンを選定するのが最善策なのか比較してみたいという時に、確認しておくべきポイントは「無利息が適用される期間はどれくらいか」、「当日振込ができるか否か」、「収入証明書を用意しなくてもよいか」の3つです。
審査が早くて、直ぐに借りられる消費者金融をランキングにてご紹介します。現金が必要といった状況下で、短時間の内に入金してもらえるのは嬉しいものです。